Top

Fukui Municipal Library

Login

Search Result Details
Previous Next
宇宙はなぜ哲学の問題になるのか
Holdings: 3 Checked Out: 0
Available for Loan: 3 Holds: 0
Add to My cart
Item Status
市立図書館 <121794986>
Available / 新着コーナー / / /11/イ/  / None
みどり館 <220973440>
Available / ティーンズ / / /11/イ/  / None
桜木図書館 <520456468>
Available / 児童新着 / / /11/イ/  / None
Detailed Information
ISBN-10 4-480-68356-4
ISBN-13 978-4-480-68356-4
Title (Kana) ウチュウ ワ ナゼ テツガク ノ モンダイ ニ ナル ノカ
Author (Kana) イトウ クニタケ
Series Name (Kana) チクマ プリマー シンショ
NDC 112
Price ¥860
Publisher (Kana) チクマ ショボウ
Size 18cm
Number of Pages 237p
Related Subject 宇宙論
Related Study 哲学
Related Study Kana テツガク
Related Study 宇宙
Related Study Kana ウチュウ
Related Study 古代ギリシア
Related Study Kana コダイ ギリシア
Related Study 宇宙人
Related Study Kana ウチュウジン
Abstract 人間にとって宇宙とは何だろう? 宇宙に果てはあるのか? 「宇宙の中の人間の位置」というテーマに沿って、古代・近代・現代の哲学の中心的な課題を考えるとともに、大哲学者たちの思想的なプロフィールを解説する。
AbstractForChildren 「宇宙に果てはあるのか?」「宇宙とは、そして私たちとは何者か?」誰もが一度はとらえられる問題。プラトンもカントもウィトゲンシュタインも、その哲学の原点は宇宙への問いだった-。宇宙を切り口に、古代から現代までの哲学史を概観し、重要な思想家たちの理論を紹介する。やさしい哲学入門。
Author Profile 1949年神奈川県生まれ。京都大学大学院博士課程修了。同大学名誉教授。龍谷大学文学部教授。紫綬褒章受章。日本学士院会員。著書に「プラグマティズム入門」「人間的な合理性の哲学」など。
Table of Contents
  私たちが生まれたのはとてつもなく奇妙なことなのか?
はじめに
  人類の永遠のテーマ
  甦る古代の哲学
  世界中の古代文明で生み出された「星座」
第1章 人間にとって宇宙とは何だろうか?-古代ギリシアの哲学の誕生
  夜空の星座と惑星系のシステム
  哲学の誕生
  数学と音楽と宇宙の美
  「知恵」とは何か?
  なぜ哲学は宇宙の中の人間の位置を問うのか?
  数学と哲学
  ドラマ仕立ての哲学問答
  創造神デミウルゴス
  宇宙の数学的な「美」はどうやって生まれたのか?
  惑星が生み出す私たちの「時間」
  宇宙の調和と人間の魂
  プラトンの天文思想と人間論
  宇宙論と倫理学と政治哲学
  人間精神の三区分
第2章 宇宙に果てはあるのか?-「天空」と「道徳法則」への近代哲学の問い
  西洋近代の世界観
  近代哲学の完成者、カントの登場
  近代に生まれた「人間」観
  カントの問いの四つのステップ
  「物自体」とは何だろうか?
  有限の宇宙から無際限の宇宙へ
  コペルニクス的転回から生じた二つの問い
  時計仕掛けの機械と運動法則
  人間は何を知りうるのか?
  宇宙の果てとアンチノミー
  宇宙に始まりはあるのか?
  永遠の難問にカントはどう答えたか?
  無限の論争を断ち切ったカントの証明
  カントの証明への批判
  現象と物自体
  人間は世界そのものを知りえないのか?
  物自体としての「人格」
  物自体にふれる人間の可能性
  共同体のなかに生きる人間
  宇宙への思考と道徳原理
  ビッグバン宇宙論と地球外知的生命体
第3章 宇宙人は「知性」をもつのか?-現代哲学の挑戦
  宇宙像の二度目の転換
  カントの証明は間違いだったのか?
  「宇宙人」は存在しうるか?
  中世以降の「宇宙人」たち
  「宇宙同胞主義」の構想
  宇宙同胞主義の二つの問題
  宇宙時代の人間の倫理
  永遠平和論から国連構想まで
  ルソーの「自然人」から「宇宙市民」への道はあるのか?
  感情的連帯からはじまる共同体
  異星人は私たちと同じ「知性」をもつのか?
  私たちには「別の科学」もありえたのか?
  「異星人」との交流は夢想にすぎないのか?
  「翻訳できる」とはどういうことか?
  正しい翻訳はどれか?
  ウィトゲンシュタインの「言語ゲーム」論
  クーンの「パラダイム」論
  私たちの新たな謎

あとがき